コサージュのルール

コサージュのルールなどについて

コサージュとはドレスや洋服の胸元につけることによってアクセントをつけることが出来るファッションアイテムのひとつであり、主に花のデザインが利用されていることが多いので華やかな演出をすることが可能となっており、ほとんどの場合は特別なシーンで利用するドレスアップ目的で身につけると言う人が多くなっています。
また、コサージュにも流行が存在していますし利用するシーンによっておススメのものがいくつかあるので、只身につけるだけでドレスアップできるわけではないと言うところが奥深いアイテムです。
そんなコサージュにはいくつかのルールがあり、実は本来はどこかにつけなくてはいけないと言うものはなく、自由に好きなところに身につけることが出来るようになっているという事実があります。
とは言え公式の場では左胸に身につけることが好ましいと言われているため、その点は周囲にあわせておくことがおススメです。
また、生花やドライフラワーが利用されている種類もいくつかありますが、それらは基本的に花嫁などの主役が身につけるためのものとなっています。
なので、ゲストとして招かれた場合は出来る限りそのような種類のものを利用しないことがルールといわれています。

コサージュが似合う髪形について

コサージュとは結婚式や入学式など特別なシーンでドレスや洋服をドレスアップする際に利用するファッションアイテムであり、主に花をモチーフとしたデザインのものが多くなっているため胸元を華やかに演出することが出来る効果が人気となっています。
本来は胸元以外でも身につけることが出来るようになっているのですが、日本では胸元に利用されることが多く、洋装だけではなく和装でも身につけることが出来るようになっているというところが特徴です。
そして最近のコサージュは服にではなく頭につけると言うケースも増えてきており、頭もとのドレスアップや華やかさをプラスすると言う目的で利用されることが増えてきているようです。
どのような髪形でも利用することが出来るのでショートやボブでも身につけられると言うところがメリットとなっており、ショートやボブの人達は頭元を演出する手段が限定されていると言うこともあるのでアクセントとして利用することがおススメです。
また、髪が長い人達の場合は髪をアップにして耳の上やうなじにコサージュをつけると言うスタイルがおススメです。
こうすることによって派手になりすぎず、さり気なく華やかさを演出することが出来るので上品な大人の女性を演出できます。

recommend

腕時計買取

解体工事 大阪

高円寺 隠れ家サロン

最終更新日:2018/11/26